明星大学通信教育部 2014年 児童・進路指導論 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数86
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 2014年 児童・生徒指導論 2単位目の合格レポートです。 2015年度版も同じ課題です。 良い評価をいただきました。 評価も記載してあります。漢字の間違い等があるかと思いますが、参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2014年 PB3090 児童・進路指導論 2単位目
    課題:次の項目の中か一つを選択し、児童に対する指導について述べなさい。
    ③ 基本的生活習慣の育成 
    評価:モデルとなる小論文です。子どもにとって重要な力の1つを論じたこと、実践し身に付けさせてください。大いに期待します。
    ③基本的生活習慣とは、一般に「睡眠」「食事」「排泄」「清潔」「衣類の着脱」を指すと言われている。また、毎日の「生活のリズム」と表現することもある。子どもが健康に成長していくためには、このリズムを整え、心と体のバランスの取れた発達を促していくことが大変重要である。以下、生活習慣の育成(指導)について述べる。
    幼児期は、親のしつけや行動の模倣から基本的生活習慣を身につける。豊かなコミュニケーションを取ることで、人間関係を発展させていく時期でもある。児童期には、家庭教育を通して身につけたこれらの習慣を基礎として、学校での学習や仲間との遊び、その他の活動を通じて、さらに人間関係の構築を学んでいく。このように、児童が基本的生活習慣を身につけていくためには、保護者や教師など周りの大人の指導やサポートが不可欠である。しかし、社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。