近大姫路大学 国語科指導法Ⅰ②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数280
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキスト第3章に掲載されている学習指導案(「大造じいさんとガン」)の「2、授業づくりについて」の部分の「児童観」「教材観」「指導観」は、つながりをもって記述されている。示されている例ではどのようなつながりで記述されているか述べよ。
    学習指導案における児童観とは子どもの読みの能力や傾向を中心にして書くのである。子どもたちの言語生活の実態や、現段階での国語力についてまとめる。子どもたちの言語活動についての興味・関心について述べ、どのような国語の力をどのように、どんな教材を用いて身に付けたかを述べる。国語の力とは「話すこと・聞くこと」「書くこと」「読むこと」の力などである。次に教材観とは素材研究、教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。