生活科指導法2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数238
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科も内容のうち、学校と生活、自然や物を使った遊び、生活や出来事の交流、自分の成長の4点を取り上げ、学習や指導のポイントについて説明しなさい。
    生活科の学習内容は9つに分かれている。今回はその中の4つについて説明したい。
     一つ目は学校と生活である。学習指導要領には「学校の施設の様子及び先生など学校生活を支えている人々や友達のことが分かり,楽しく安心して遊びや生活ができるようにするとともに,通学路の様子やその安全を守っている人々などに関心をもち,安全な登下校ができるようにする。」とある。
    学校では校長先生、担任の先生、養護教諭、司書教諭にもお世話になる。保健室や図書館を利用する場合もある。これらを通して、施設の役割、人の存在や働きに気づき、施設を利用する楽しさや居心地の良さを感じたりする。学校生活が児童にとって居場所になるようにする。学校の中の生活だけでなく、登下校も含めて、楽しく安心で安全な生活ができるようにすることが課題である。安全については、自然災害、交通災害、人的災害に対する安全確保に配慮する必要がある。
    児童が常に学校での自分の生活をより良くしていこうとする意識をもち続けら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。