佛教大学 Z1305 教科教育法地理歴史 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数282
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格したレポートです。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習指導要領・世界史Bの内容(4)の「オ 帝国主義と世界の変容」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp12にある3つの社会科観・p92「世界最初の奴隷解放革命・ハイチ革命を扱って」の授業と関連させて説明しなさい。
    歴史の授業は知識の伝達だけであることが多い。私自身も高校の時、板書やノートを写すだけのものであった。また、内容が偏りやすい。特にヨーロッパ中心主義に陥りやすく、一方的な方向から物事をみるのが多い。物事は多方向からみることによって本当の姿が浮かび上がってくる。これは歴史についても同様である。今回は「帝国主義と世界の変容」授業のあり方を「ハイチ革命」を例に考えていく。ヨーロッパ中心主義からの脱却をはかりたい。まず、テキストにある三つの社会科観に触れ、学習指導要領について見ていく。そして授業の具体的なありかたを考察していくことにしたい。
    社会科は、社会認識の形成とともに公民的資質の基礎を培う教科と考えられる。こうした目標を実現させるために三つの社会科観がある。①市民として必要な知識や価値を大人が子どもに伝達する教科、②社会諸科学の成果や方法の学習を通して市民を育成する教科、③身..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。