佛教大学 Z1104 教育社会学1 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数122
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格したレポートです。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」ということであり、高学歴社会とは単に「高学歴者の多い社会」のことである。日本は高学歴社会であり、学歴社会でもある。この学歴社会ではいい大学に入るために受験戦争が繰り広げられ、子どもたちは勉強、勉強といわれ続けた。その結果、いじめ・不登校・学級崩壊などの学校問題が起こり、その原因は学歴社会であるとされ批判されてきた。そして、子どもたちが勉強を強いられることなくゆとりをもって学校生活が出来るように「ゆとり教育」が生まれた。子どもたちにゆとりを持たせることによりこれらの問題は解消されるはずであった。しかし、現実的にいじめ・不登校などの問題は変わらなかった。さらに、「ゆとり教育」により、学力格差が生まれ、ニートの若者も発生してくるようになってきた。こういった現象を考えるために、今回は学歴社会とは何かを考えていき、その批判から生まれた「ゆとり教育」について考えていきたい。また、高学歴社会により起こったとされる、学力低下についても考えていきたい。
    日本が学歴を重んじる社会になったのは、明治以後のことである。江..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。