佛教大学 Q0103 西洋の歴史 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数722
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格したレポートです。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキスト『ギリシア神話:神々と英雄に出会う』について。
    古代人にとってギリシア神話はどのような意味をもっていたのか。またそれは後世にどのように受け継がれ、どのような影響を与えているのか、具体的な例を挙げながら論じなさい。
    ギリシア神話は物の名前等に数多く残っている。音楽との関係も深く、現代の最先端科学技術にもその名前が残る。ギリシア神話にちなむ物は身の回りに数多く存在する。それだけこの神話の影響力の大きいことがうかがえる。物語の怪獣として出てくるモンスターやオリンピック、星座の世界にもギリシア神話の世界観がみられる。
    ギリシア神話を題材とする最も重要な詩歌はホメロスの『イリアス』と『オデュッセイア』である。この二篇の口誦叙事詩はトロイア伝説を扱っている。創世記神話の典拠はヘイシオドスの『神統記』である。彼の『仕事と日』という教訓叙事詩にも。神話への言及は見出される。オリュンポスの神々の逸話は『ホメロス風讃歌』と称される詩歌でも語られる。歴史の父といわれるヘロドトスの『歴史』にもギリシアやペルシア、エジプトの伝承を数多く採取している。さらに『アルゴナウティカ』『ギリシア神話』『ギリシア案..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。