佛教大学 Q0103 西洋の歴史 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数731
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格したレポートです。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキスト『アトランティス・ミステリー』について。
    アトランティス伝説の解釈について三つ以上の例を挙げながら、自身の解釈を論じなさい。そのうえで、なぜアトランティス伝説が人々を魅了してきたのか、テキストの内容を踏まえたうえで、自分自身の考えを論じなさい。
    アトランティスとは紀元前4世紀の古代ギリシアに生きた哲学者プラトンの対話編である『ティマイオス』『クリティアス』に登場する伝説の島のことである。この伝説をまとめると次のようになる。ソロンがエジプトの神官から聞いた話とされ、ソロンの時代から九千年前(今から一万二千年前頃)、大西洋上にアトランティスというが存在した。現代から一万二千年前といえば、人類はまだ石器時代の段階にあったはずなのである。ここでは自然環境に恵まれ、食糧、資源が豊かであったうえに、交易の中心地でもあり、海上を支配して、高度な建築技術のもとに都市を建造し、島は大変繁栄していたが、それゆえに人びとは堕落してしまった。また、地中海全体を征服しようとしてアテナイに撃退された。そして、堕落に対する神罰を受けて、大地震と大洪水によって、一昼夜にして海中に没したのである。それはアテナイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。