社会理論と社会システム・自殺と社会との関係・75点(100点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数304
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1600字レポートです。よろしければご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>社会理論と社会システム
    (1)【自殺と社会との関係】
    日本では自殺者が年々増加しており、2006年には自殺対策基本法が制定されるなど、自殺者を減らすことが課題となっている。これらの自殺を予防するにはどうすればよいかあなたの意見を書いて下さい。
    <評価>75点(100点)
    <所見>よくまとまったレポートです。共同体における価値観の変容の必要性を説いているところはとても良いのですが、どのように価値観が変容することが望まれるのか(変化の内容)について書かれていればもっと高く評価できました。
    <引用・参考文献>
    1)社会福祉士養成講座編集委員会編『社会理論と社会システム』(第2版)<新・社会福祉士養成講座3>、中央法規出版、2010年
    2)内閣府編『自殺対策白書』(平成25年版)、勝美印刷、2013年
    3)デュルケーム著、宮島喬訳『自殺論』(中公文庫)、中央公論、1985年
    4)宮島喬著『デュルケーム「自殺論」を読む』<岩波セミナーブックス29>岩波書店、1989年  日本では自殺対策基本法が制定されるなど、自殺者を減らすことが課題となっている。我が国の自殺者数は、平成10年以降、1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。