相談援助演習「社会福祉士の役割」とは何か? 自身の実践を踏まえて私見をまとめなさい。38点(50点満点中)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数501
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1600字レポートです。よろしければご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    相談援助演習⑤
    (1)「社会福祉士の役割」とは何か? 自身の実践を踏まえて私見をまとめなさい。
    <評価>38点(50点満点中)
    <所見>社会福祉士についてよく考察されていました。
    <引用・参考文献>
    1) 社会福祉士養成講座編集委員会編『相談援助の基盤と専門職』(第2版)〈新・社会福祉士養成講座6〉、中央法規出版、2010年
    2) 社会福祉士養成講座編集委員会編『相談援助の理論と方法Ⅰ』(第2版)〈新・社会福祉士養成講座7〉、中央法規出版、2010年
    3)白澤政和・福山和女・石川久展編集『社会福祉士 相談援助演習』中央法規出版、2009年
     社会福祉士は社会福祉学を基盤に、ソーシャルワーク実践を行う専門職である。日本では、社会福祉士や精神保健福祉士などの国家資格の歴史が浅く、制度上も名称独占であって、業務独占とはなっていない。そのため、社会福祉士資格がなければソーシャルワークができないということにはなっていないが、社会福祉士には高い専門性が期待されている。資格の有無を問わずソーシャルワーカーは、どんな立場にいても、利用者を中心に考えていくことが重要である。社会福祉士は、ソー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。