保健医療サービスにおける社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)の役割、必要性について、地域医療連携という視点から述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数429
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1600字レポートです。よろしければご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    保健医療サービス
    (3)保健医療サービスにおける社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)の役割、必要性について、地域医療連携という視点から述べよ。
    <評価>90点(100点満点中)
    <所見>社会福祉士の役割を3つに示し論述できています。引き続き学習がんばってください。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会編『保健医療サービス』(第3版)〈新・社会福祉士養成講座17〉、中央法規出版、2012年
     保健医療サービスにおいて、生活相談を行う社会福祉士として規定されている医療ソーシャルワーカーは、利用者の生活の質の向上に貢献できるように、多職種と多機関連携を行い、さまざまな範囲・レベルでソーシャルワークを実践している。ここでは地域活動における医療ソーシャルワーカーの業務内容と役割について、①組織における地域との窓口してのソーシャルワーク、②保健医療サービスのシステム構築、③地域の組織化と社会への働きかけの、3つに分類して説明する。
    ①組織における地域との窓口として、医療ソーシャルワーカーが地域活動を行う基盤として重要なのは、組織にその活動の必要性が十分に認識・認可されている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。