現代社会と福祉「福祉多元主義」38点(50点中)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,174
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1600字レポートです。よろしければご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    (3)「福祉多元主義」という考え方と、その中で福祉サービスの供給主体とされている4つのセクターについて簡潔に説明するとともに、①東日本大震災の被災者支援②老老介護支援③こども虐待の予防④ホームレス支援⑤知的障がい者の地域での自立生活支援のうちどれか1つを選び、それぞれの支援を展開するにあたって、各セクターがどのような役割を果たすべきかについて(あなた独自の判断で構わないので)具体的に論じてください。
    ⑤知的障がい者の地域での自立生活支援を選択
    <評価>38点(504点満点中) <所見>セクターの特性と問題に対する具体的な役割についてうまくまとめておられます。仰る通り、各セクターの状況を理解した上で連携を促進し、人々を支える仕組みを構築していくことが求められます。では誰がどのような技術を用いて、それを実践するのか?あなた自身がその担い手であるという思いのもと、今後も学びを深めてください。
    <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会編『現代社会と福祉(第3版)』<新・社会福祉士養成講座4> 、中央法規出版、2012年
     日本の社会福祉は20世紀半ばまでには、社会保障や福祉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。