地域福祉が目指すコミュニティの設計に求められる「地域福祉の方法」について整理しなさい。 40点(50点満点中)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数463
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉の理論と方法 1600字レポートです。よろしければご利用ください。40点(50点満点中)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    (3)地域福祉が目指すコミュニティの設計に求められる「地域福祉の方法」について整理しなさい。
    <評価>40点(50点満点中)
    <所見>地域福祉の方法について述べられていますが、概念規定などよい点に着目し整理されています。ところで、NHKの「サイレントプア」の影響もあり、地域福祉は今後も注目され続けると考えます。今後の地域福祉をどう創造するか、何を拠り所とするか、改めて考えていかなければならないと考えます。感謝と謙虚さをもって取り組み、地域社会に還元できればいいですね。 <引用・参考文献>
    1)社会福祉士養成講座編集委員会編『地域福祉の理論と方法-地域福祉論(第2版)』<新・社会福祉士養成講座9> 、中央法規出版、2010年
    2)厚生労働省ホームページ「地域福祉計画」
    (http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/c-fukushi/index.html)
     地域福祉の方法とは、地域福祉の担い手がその目的・目標の達成(福祉コミュニティ設計)のために用いる手段で、地域福祉計..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。