相談援助演習2ー他者を援助する際に、自分が心がけていることを3~5つあげて記述しなさい。48点(50点満点中)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数518
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1600字レポートです。よろしければご利用ください。48点(50点満点中)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    相談援助演習②
    他者を援助する際に、自分が心がけていることを3~5つあげて記述しなさい。(現場経験のない人は、日常の人間関係のなかで心がけていることを記述してください。)
    <評価>48点(50点満点中)
    <所見>他者を援助する際に心がけていることとして、日々の業務経験の中から4点具体的な説明がなされていました。いずれも大切な視点であり、人をみるうえで専門家がもつべき視点だと思いますが、忙しい業務のなかではなかなか意識化できないことでもありますが、常に意識して援助を展開していきたいものですね。さらに、自己覚知していくことの大切さについても言及されており、共感できました。 <引用・参考文献>
    1)白澤政和著、石川久展著、福山和女著、日本社会福祉士養成校協会監修「社会福祉士相談援助演習」中央法規出版、2009年
    2)鷲田清一著「「待つ」ということ」角川学芸出版、2006年
    3)鷲田清一著「<弱さ>のちから」講談社、2001年  私は現在、福祉現場で勤務してはいませんが、以前に精神障碍者福祉作業所で支援員をしていたことがあり、その際に感じ、意識するようになった事柄と、現在の職場にお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。