福祉サービスの組織と経営ー今後期待される福祉従事者像について経営の視点から論じなさい。90点(100点満点中)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数500
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1600字レポートです。よろしければご利用ください。90点(100点満点中)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    今後期待される福祉従事者像について「経営」の視点から論じなさい。
    <評価>90点(100点満点中)
    <所見>よくまとまっています。リーダーシップ理論については、テキストベースで整理しておきましょう。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会編「新・社会福祉士養成講座11 『福祉サービスの組織と経営』」、中央法規出版、2013年
    福祉サービス事業は対人サービス事業であり、労働集約型の事業であることが福祉事業の経営の特徴である。職員の働きが、法人や施設の経営、サービスの内容、質、利用者の満足、法人、施設への評価に極めて大きな影響を及ぼす。経営管理の基本は、資源を上手に調達し、限られた資源を効果的・効率的に活用することにあり、人材の育成・有効活用、資材や資金の調達の技術・有効活用を行い、コストを下げつつ、財の質を高めるという相反する要求に応えていかなくてはならない。福祉サービス事業は競争が働きにくく、サービスの質や内容が制度の中で定義されている。旧態依然とした質の低いサービスでも、利用者はそれしか選べない状況が温存されやすいのである。それ故、福祉サービス事業提供主体には、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。