相談援助の理論と方法3-ケースカンファレンスの意義・目的について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数704
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1600字レポートです。よろしければ参考にしてください。44点(50点満点中)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    ケースカンファレンスの意義・目的について論じなさい。
    <評価>44点(50点満点中)
    <所見> 意義を最後に5つでまとめて頂いています。④~⑤というものは理解されているものの、実際に考えているとは言えない事実もあります。ミクロからマクロの視点がSWに求められます。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会 『相談援助の理論と方法Ⅱ』(第2版)」<新・社会福祉士養成講座8> 中央法規出版、2010年、P206-229
    ケースカンファレンスとは事例検討会の事であるが、ケアプラン作成後の援助過程の中で、状態の変化や新しい課題・問題点がないか、適切な援助目標や援助計画に基づいたサービスが提供されているかどうかについて実際の事例を用いて検討する会議の事である。援助を実施するためのサービスに携わる者が集まり、現場においては、サービス担当者会議がその役割を成す事が多く、必要であればケアプランの再検討を行っている。
    ケースカンファレンスの目的は、第一にケースカンファレンスで取り上げられた対象事例を丁寧に振り返ることによって、その課題の実現を妨げている要因・原因が明らかにされること。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。