社会調査の基礎-社会調査の基本的視点及び留意点について論じなさい。97点(100点満点中)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数547
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    100点満点中97点頂きました。よろしかったら参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    社会福祉の領域における社会調査を行ううえでの基本的視点及び留意点について論じなさい。
    <評価> 97点 (100点満点中)
    <所見> とてもよくまとまっています。合わせて質的量的調査の詳細についても学習しておきましょう。 <引用・参考文献>
    1)社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座5 社会調査の基礎』第3版、2013年
    2)坂田周一著『社会福祉リサーチ 調査手法を理解するために』有斐閣アルマ、2003年 社会福祉の領域における社会調査を行ううえでの基本的視点及び留意点について述べる。       
    社会福祉調査は社会調査の一つの応用分野であるが、社会福祉調査は問題解決を指向し、人々の生活及び福祉の向上を図ることに貢献しよういう価値意識が根底にある援助技術である。
    社会福祉は社会的な施策とそのもとにおいて展開される援助活動の総体であるゆえ、個別援助から社会福祉制度の改善や政策立案のレベルまで幅広いが、社会に変化が生じたか否か、また、援助活動の効果を評価するには社会福祉の領域における社会調査が必要になる。福祉援助活動を行うに当たってのその見通し、経過、結果を調..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。