児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度ー児童の権利に関する条約

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数332
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1600字レポートです。よろしければ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <科目名>児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
    <評価>70点(100点満点中)
    <課題名>
     「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」の内容・特徴について述べた上で、子どもの権利を守るための取組について具体的にまとめなさい。
    <所見>課題に従って適切にまとめられていました。権利条約の理念を理解し、どう実現するかが求められています。社会福祉士として子どもの権利をいかに守ることができるか、学習を深めてください。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会編『児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度(第4版)』<新・社会福祉士養成講座15>、中央法規出版、2013年
    2)波多野里望『逐条解説児童の権利条約(改訂版)』 有斐閣
    社会福祉六法
    厚生労働白書
    国民の福祉の動向
    札幌市
    子どもの権利に関する推進計画ホームページ
    (http://www.city.sapporo.jp/kodomo/kenri/plan.html#keikaku-honsyo)  子どもは、誕生した瞬間から家族の大切な一員であると同時に、社会の構成員として次世代を担っていく貴重な存在となる。社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。