中等教育相談の基礎と方法 合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数324
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中等教育相談の基礎と方法の合格レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中等教育相談の基礎と方法 レポート課題
    1単位目
    カウンセリングの主要な理論を比較してまとめ、教育相談に適用する際の課題を述べよ。
    2単位目
    学校内外のネットワーク支援を活かした教育相談の必要性と、その実現のための課題を述べよ。
    1単位目
     教育相談の主な理論として、精神分析、自己理論、行動主義の3つを取りあげ、これらの長所・短所について議論しつつ、実際の面接場面で適用する際の課題について考えてみたい。
     フロイトによって創始された精神分析は、人間の心に潜むあらゆる事象の無意識的な意味を解読する理論である。
    精神分析の面接の特徴は、抵抗と感情転移を重視していることである。面接で、クライエントが約束の時間に遅れたり、連絡なく来室しなかったりすることがある。このような態度を抵抗と呼ぶ。この抵抗の心理の中にクライエントの本質的な問題が隠されており、抵抗を処理することが治癒であると強調しているのは精神分析のみである。また、面接の進展につれて、クライエントは面接者に対して様々な感情表現を行うようになる。これは、過去のある人物への感情表現の再現である。精神分析では、この再現された感情(感情転移)の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。