法学2(日本国憲法) 合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数381
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法学2(日本国憲法)の合格レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法学2(日本国憲法)レポート課題
    1単位目
    1. 憲法の意義と近代憲法の原則
    2. 憲法22条1項の住居・移転の自由と職業選択の自由
    2単位目
    1. 議院内閣制の特色
    2. 地方自治の意義
    1単位目
    (1) 憲法の意義としては実質的意義と形式的意義が考えられる。まず、その実質的意義について述べたい。実質的意義における憲法は国家統治の基本的体制または根本的秩序を定める法規範である。権力的秩序をもって統治された国家は、たとえ武力によるクーデターで成立した独裁者の国であれ、この実質的意義における憲法を必ず有する。イギリスでは、中世以来の先例や慣行、コモン・ロー、憲法的慣習、成文法等があり、それらを一本化した実質的意義における憲法が構成されている。次に、形式的意義について述べたい。形式的意義における憲法は、近代における成文法主義の結果、憲法という形式で文章化された法典、すなわち成文憲法典を指す。一九世紀から二〇世紀にかけて、各国で近代憲法が次々と成文化され、現在ではほぼ全ての国が成文憲法典を持つ。しかし、前述のようにイギリスはこの例外であり、形式的意義における憲法を持たない。
    次に、欧米の市民..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。