理科教育法1 合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数469
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    理科教育法1の合格レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    理科教育法1レポート課題
    1単位目
    1. たのしい生物の授業プランである≪生物と細胞≫の第1部「生物と細胞」では、どんなことを教えようとしているのか。また、生徒はこのプラン第1部のどんなところに感動するのだろうかを予想し、述べよ。
    2. 「〈細胞の発見〉から〈細胞説の提唱〉までどうして170年かかったのか」について、その理由を述べよ。
    2単位目
    1. たのしい生物の授業プランである《生物と細胞》の第2部「細胞と生物」では、どんなことを教えようとしているのか。また、生徒はこのプラン第2部のどんなところに感動するのだろうかを予想し、述べよ。
    2. 「いくら細胞のきれいなスケッチをしていても細胞説が提唱できなかった理由」を述べよ。
    1単位目
    (1) 「生物と細胞」ではどんなことを教えようとしているのだろうか。そのねらいについて考えたい。また、生徒はどのようなところに感動するかについても考えたい。「生物と細胞」は、生物の根本原理の一つである「細胞説」を身につけることで、生物学とはどのようなものかということを楽しみながら学んでもらうことを目的とした授業書である。授業書を開くと、最初の【質問1】で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。