障害福祉論Ⅰ 第2課題(介護保険制度と障がい者福祉制度との関係について説明しなさい)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数322
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学通信教育部のレポートです。あくまで参考程度にお願いします。

    評価:S

    ≪参考文献≫
    障害者に対する支援と障害者自立支援制度第4版  中央法規
    図解 障害者総合支援法早わかりガイド  日本実業出版社

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害福祉論Ⅰ 第2課題 第1設題
    わが国の急激な高齢化に対応する為、平成12年度に介護保険制度が施行された。それに伴って介護保険制度と障害者福祉制度との関係が検討され続けている。
    介護保険と障害者施策との適用関係は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第7条に明記され、基本的な考え方は以下である。
    障害者についても40歳以上の者は原則として介護保険の被保険者となる。
    65歳以上の障害者が要介護・要支援状態となった場合には要介護・要支援認定を受け介護保険から保険給付を受ける事になる。介護保険からの給付と障害者施策で実施されている在宅介護サービスで、重複するサービスは介護保険が優先される。
    障害者施策で実施されている在宅サービスのうち、移動支援等介護保険給付にないものについては障害者施策から提供される。
    施設サービスについてはそれぞれ目的・機能が異なっている為障害者施設の利用が必要な場合は介護保険給付を受けられる場合でも障害者施設の利用が認められる。
    施設に入所している障害者は介護保険の被保険者とならない。ただし、退所すればサービスを受ける事ができる。
    他、詳細は以下の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。