ソーシャルワーク論Ⅰ 第1課題(モニタリングの重要性を述べ、モニタリングを進めていく場合の留意点を述べなさい)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数447
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学通信教育部のレポートです。あくまで参考程度にお願いします。

    評価:B

    ≪講評≫
    クライエントの何をモニタリングするのか、もう少し具体的に書かれると良いでしょう。

    ≪参考文献≫
    相談援助の理論と方法Ⅰ第2版 社会福祉士養成講座編集委員会 中央法規

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワーク論Ⅰ 第1課題 第1設題
    モニタリングとは、ケアマネジメントの実践の過程で、その実行状況を観察・評価することである。本レポートではモニタリングの重要性、またモニタリングを進めていく過程での留意点について論じる。
    ケアマネジメントのプロセスは、①インテーク(サービスの受理面接),②アセスメント(課題の分析),③プランニング(支援計画の立案),④サービスの実施,⑤モニタリング(観察・評価),⑥再アセスメント,⑦アフターケア(事後評価),⑧終結となる。
    モニタリングは、支援計画に基づいて支援が開始されたら、その支援が計画通りに進んでいるか、計画自体がニーズに合っているか、またクライエ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。