介護概論 (介護において人権を尊重するという意味を具体的に述べなさい)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数904
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    聖徳大学通信教育部のレポートです。あくまで参考程度にお願いします。

    評価:B

    ≪講評≫
    出題の意図を良く理解し、要点もつかんでいます。
    人権を尊重した介護の場面を想定して論述するなどの工夫があればなお良かったと思います。
    自分の福祉実践に引き付けて考えていただくことが出題の意図です。


    ≪参考文献≫
    福祉実践をサポートする介護概論 保育者出版社
    介護概論 聖徳大学通信教育部

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    「人権」とは、人間なら誰もが生まれながらに与えられた権利であり、それは健常者、障がい者の区別なく、保障されなければならないものである。介護を必要とする人にとって介護とは人権保障に関してなくてはならない援助である。本レポートでは介護において人権を尊重する意味について論じる。
    介護は、加齢に伴う疾病や障がいなどにより生活に様々な支障が生じた場合でも、その人の尊厳の保持及び自立と自己実現を目的とする対人援助である。つまり要介護者であっても幸せな生活を送る事ができるよう支援する事を最大の目的とする行為である。
    尊厳の保持と自立及び自己実現に向けた支援をするにあたり、その基盤としてま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。