理科教育法Ⅱ B評価レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数139
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもたちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。
    そのうち1つの観点から、あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ。
    (1)理科教育の実際
    理科教育とは、子どもたち自らが自然に働きかけ、自然認識を深め、広めていきながら人間形成を図る教科である。つまり、自然を学ぶ理科教育においては、まず子どもたち自身が自然に触れ、自然から何かを直接学ばなければならない。しかし、自然を対象として理科教育は地域の自然を教材化せず、全国どの地域においても同じ素材を使用して教育が行われている。地域の特色に合った題材や素材ではないのである。
    そもそも、私たちの住む日本の国土は南北に長い弧状列島である。そのため、北と南で気候が大きく異なる、また、大陸のはずれに位置しているので、日本海側と太平洋側でも気候は異なる。よって、そこで起こり得る自然現象、そこに存在する動植物の種類は地域によって様々で、変化に富んでいる。つまり、各地域には地域独自の自然がある。その地域性を生かし、また地域の自然を理科教育の素材として使用しながら理科教育を行うことが重要になってくる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。