Z1001 日本国憲法 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数55
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法歴史日本人権平等経済社会政治法律

    代表キーワード

    日本国憲法Z1001憲法

    資料紹介

    佛教大学通信課題です。テキストを簡単にまとめております。概要について触れている部分が多くありますので、他学の課題にもご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1001 日本国憲法 第1設題
    法の下の平等について述べよ。
    法の下の平等は人権の歴史において、自由とともに基本的人権の最高目的とされてきた。個人権であるとともに、人権の総則的な意味をもつ重要な原則が「法の下の平等」である。この平等の理念は、人権の歴史において自由とともに個人尊重の思想に由来し、常に最高の目的とされてきたのである。自由と平等の二つの理念が深く結び合いながら、身分制度を打破し、近代立憲主義を確立する推進力となったことはイギリスをはじめとする多くの国々の人権宣言にも示されており、現代のあらゆる国家の憲法においても、相互に密接に関連し依存し、憲法という概念の根拠となり支え合う原理として捉えられている。
    しかし、歴史の経過を見ると自由と平等は相反する側面も持ち合わせていることも事実である。19世紀から20世紀にかけての市民社会において、すべて個人を法的に均等に取り扱い、その自由な活動を保証するという形式的平等(機会の平等)は結果として、個人の不平等をもたらした。資本主義の発展に伴い、持てるものはますます富み、持たざる者はますますの貧困に陥ったからである。法のうえでの自由と平等..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。