P6701 異文化理解(西欧) 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数30
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課題です。客観性を重視してまとめております。科目試験や、他の設題にもご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6701 異文化理解(西欧) 第1設題
    EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっとも基本的な目的と具体的な発現状況を要約して述べよ。
     欧州連合という試みは、ヨーロッパにおける経済や政治の形態を変えるだけでなく、住民たちの生活形態や、意識と価値観の変化をももたらすものである。国境の廃止は、単に交通の自由をもたらすだけではなく、主権・国家・国民・国籍・国語・民族・文明・文化・アイデンティティなどといった国民国家の時代におけるキーワードの意味の変更をせまり、「ヨーロッパ市民」、「多元主義」、「多文化主義」などの新しい用語を生み出している。果たしてこの統合は国家の枠を超えたもので、「ヨーロッパ」という強大な国家を作ろうとする試みなのだろうか。または、沈滞と混乱の続くヨーロッパにおいて、各国が再生を目指し、各国がそれぞれの存在意義を見失うことのないものであり、「統合」とは欧州市民らにとって価値あるものなのだろうか。いずれにせよそれは、我々の社会になにをもたらし、どのような影響を与えるのだろうか。
     ヨーロ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。