P6303 英文法 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数66
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課題です。テキストを簡単にまとめておりますので、科目最終試験にもご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6303 英文法 第2設題
    英語のpolitenessと日本語の「丁寧表現」を比較することによって、その類似点と相違点を具体例を通して明らかにしなさい。
     日本語で「丁寧表現」を行う場合、一般的には「敬語表現」を用いる場合が多い。これは、日本語の中に敬語としての表現が体系的に存在するため、言葉自体が丁寧や尊敬といった意味を持つものがほとんどだからである。特に漢字が持つ意味などは話者の意図を伝えるうえで非常に重要な要素となる。我々はその言葉を選ぶことによって言わば自動的に「丁寧表現」を用いることができるのである。様々な状況に応じた適切な「丁寧表現」はある種マニュアル化されているとも考えることができ、敬語を用いた表現は、言語学の観点よりむしろ社会的・文化的な観点によって推し量るべきである。他方、社会通念に相反して丁寧ではないとされる敬語を用いない表現が、当事者の間で必ずしも失礼にあたるかということは一概には判断することができない。これは個々の会話のなかでその都度判断されるべきなのである。また、ブラウンとレヴィンソン(1987)は、この判断を各自が持つ面子を保持しようとする欲求を他者への配..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。