P6301 英文学史 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数30
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課題です。端的にまとめておりますので、他の設題や科目にもご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6301 英文学史 第2設題
    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文字」をまとめなさい。
    第7章「18世紀の散文、詩、劇」
     18世紀には、市民階級が発展し、ジャーナリズムと小説が誕生した。まさにこの時期に活躍したのが、デフォー(Defoe)である。デフォーはまさしくこの市民階級に生まれ、この階級の発展に努めた人物である。彼は、ジャーナリズムの父とも呼ばれ、その生涯にわたりあらゆる類の定期刊行物を出版するなど、近代的な報道発信を作った功績でも知られている。彼の文学は、ジャーナリズムの性格を帯びるとともに、小説である、『ロビンソン・クルーソー』(Robinson Crusoe)で大成した。この作品は、無人島で孤立した人物の実話を基にした作品と言われており、こうした点からも、ジャーナリズムを漂わせる作風を窺い知ることができる。デフォーと並び、スウィフト(Swift)もこの時代の英文学に影響を与えた人物として知られている。スウィフトは英文学史上最大の風刺作家であり、18世紀のイギリスでは、風刺文学が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。