P6301 英文学史 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数42
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課題です。テキストを簡単にまとめております。科目試験にもご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6301 英文学史 第1設題
    テキストの第1章「古英語・中英語の文学」、第3章「演劇が起こる」、第4章「シェイクスピア」、第6章「王政回復期」をまとめなさい。
    第1章「古英語・中英語の文学」
    イギリスにおける文学は、『ベイオウルフ』(Beowulf)に起源を持つと考えることができる。この『ベイオウルフ』は、作者は不明であるが古英語で書かれた叙事詩であり、8世紀頃には成立していたとされている。この時期のイギリスは、ドイツ語に近い性格の古英語が使われていたほか、この『ベイオウルフ』は全3000行の文章で構成されており、古英語文献のなかでも最も長大な部類に属し、言語学上も重要な文献と見なされている。『ベイオウルフ』の内容は、デンマークを舞台とした多くの世界に共通する英雄的なストーリーであり、大きく分けて第一部と第二部による全二部構成から成る物語である。また、その後11世紀になると、フランス語の影響を受けた中英語が主流となっていくのである。12世紀に活躍したチョーサー(Chaucer)は、著作『キャンタベリ物語』(The Canterbury Tales)を残したことで知られている。この作品..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。