P6103 英語学概論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数66
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信過程課題です。テキストの内容を詳細にまとめております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6103 英語学概論 第1設題
    英語と日本語の文法構造または意味構造上とくに有意な差が生じる部分に関して、特定のテーマを設定して日英語を比較対照し、両者の違いをデータに基づいて具体的にかつ一般性のある形で論ぜよ。
     英語と日本語の間には文法構造などに異なる部分が見られる。日本語は主として日本においてしか用いられていないのに対し、英語は現在すでにあらゆる地域で用いられており、国際語として認めることができる。また、両者には当然言語の構造、用法においての相違点を認めることもできる。言語の仕組みには歴史や文化が関連する場合も多く、こうしたことが両者の言語構造に文法事項や、意味表現などの差異を生み出したのかもしれない。また、英文を日本語訳する際に、最も適切な訳を行うためには両者の文法や意味構造の違いについて注意を払う必要があるのだ。ここでは両者を訳す際の注意点について考察する。
     まず両者における文法構造の違いとして、語順の違いを挙げることができる。語順とは、文意や話者の意図を伝えるうえで非常に重要な要素であり、ときに強調の意や、感情を推し量ることもできるというものである。つまり、文の構成を知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。