P6101 英米文学概論 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数29
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課題です。科目試験等にも利用してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6101 英米文学概論 第2設題
    エスマン、ソロー、ホイットマン、ジェイムズ、ドライサー、フロスト、パウンドについて述べなさい。
     エスマン(ラルフ・ウォルドウ・エスマン)は、アメリカ合衆国の文人であり、思想家としても知られている。エスマンは、その思考の特徴に超絶主義(Transcendentalism)という概念を持ち、この超絶主義とは、彼の著書である、『自然論』のなかで語られている思想であり、真理は経験を超えた直感によって見出されるものという考えである。加えて、彼はこの思想に基づいて「物事をうまく成し遂げたことに対する最大の報酬は、それを成し遂げたということである」といった名言も残している。また、エスマンは無教会主義を提唱し、アメリカ宗教や、西洋文明などの伝統からの脱却を説いた。特に、自己信頼(self-reliance)を以って脱却できると説き、自然は、思想の化身(Nature is the incarnation of thought)として、自然は神の意思のあらわれであると考えたのである。その後、『評論集』の発表や、『ダイアル』の編集に携わり、詩集『Poems』を発表した。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。