看護学概論-看護覚え書き要約

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数11,958
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    看護学概論
    「看護覚え書き」を読んでの
    内容要約とその感想
    換気と保温
    看護師が細心の注意を払うべきことは、換気である。また空気と同様に患者を冷やさない程度の室温の確保も重要である。要は「病人が呼吸する空気を、患者の身体を冷やすことなく、屋外の空気と同じ清浄さに保つこと」が大切なのである。
    人間の身体は汚れた空気の影響を受け、健康を損なってしまうものである。そのために換気を行うのだが、それによって部屋の室温並びに病人の体温を下げてしまっては、本末転倒である。病人は熱が不足しただけで、衰弱するものであるため、掛物や湯たんぽを使ってなどして、病人の保温に尽くさなければならない。
    また換気をして取り入れた空気が本当に清浄なのかどうかも気にしなければならない。屋外の空気や廊下の空気が清浄ではなければ、換気しても無意味である。
    同じように部屋の空気を清浄に保つために、部屋の中にある不潔物や臭気を放つものも取り除かなければならない。
    2.住居の健康
     住居の健康を守るためには以下の5つの要点がある。
    (1) 清浄な空気
     清浄な空気を取り入れるためには、外気が家全体に入るようにする必要があり、それ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。