集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数268
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ」
    集団援助技術は「個人」と「グループ」を集点としている。それは人間が社会的動物であるということ、すなわち、人が社会に深く依存し、人間として発達するには、社会が重要な役割を果たしていることを意味している。社会福祉援助技術の体型に従うと、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術の内、利用者自身への直接的な二つの固有な方法による直接的援助技術によって構成されている①個別援助技術、②集団援助技術の内のひとつである。後述する方法を用いて、構成員を支援者との協動の元に、集団討議(話し合い、方法)というコミュニケーション技法を中心に構成員が相互に支援過程に参加し、交流を深めることにより、個々の問題解決と成長を可能にしようとするものである。
     集団援助関係の過程を重視する原則として「参加の原則」「意識化の原則」に大別できる。「参加の原則」には、専門的援助関係において、利用者と援助者とが共同で解決にあたることが重要で、利用者が可能な限り、問題解決過程に参加させることが大切である。この原則は、「当事者存在の原則」を意味し、利用者と援護者の合意過程であり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。