S0101 教育原論 第2設題(2013)A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数114
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最新版です。A判定を頂きました。

    ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。

    第1章 タブラ・ラサ(精神白紙説)
     ここではまず、タブラ・ラサ説に触れたいと思う。タブラ・ラサとは、心の中には生まれながらに刻みつけられた観念や原理は存在しないという考え方である。つまりこの考え方によると、子どもは生まれた時はまだ何の観念も持っていないということになる。ロックは、子どもは成長するにつれて教育によってさまざまな観念を獲得するようになると考えた。これは経験主義的な考え方であるといえる。また、ロックは子どもの教育はまず感覚的訓練から始めるのが良いと主張した。感覚により、一つひとつの対象について私たちの心の中に観念が生まれ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。
    第1章 タブラ・ラサ(精神白紙説)
     ここではまず、タブラ・ラサ説に触れたいと思う。タブラ・ラサとは、心の中には生まれながらに刻みつけられた観念や原理は存在しないという考え方である。つまりこの考え方によると、子どもは生まれた時はまだ何の観念も持っていないということになる。ロックは、子どもは成長するにつれて教育によってさまざまな観念を獲得するようになると考えた。これは経験主義的な考え方であるといえる。また、ロックは子どもの教育はまず感覚的訓練から始めるのが良いと主張した。感覚により、一つひとつの対象について私たちの心の中に観念が生まれ、様々な知識が得られる。例えば、どんな色か、暑いか寒いか、どんな味であるかなどを感覚を通して知覚し、それを受けて知識や観念を得るという具合である。そして私たちはその知識や観念を記憶し、一つひとつその名前を教わる。このような過程を経て一つひとつの知識や観念が心の中に植え付けられていくのである。しかしここには危険も存在する。もし幼児期の子どもが誤った複合観念を持ってしまったら、その子は一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。