S0105 教育心理学 第2設題(2013)A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数119
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最新版です。A判定を頂きました。

    適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。

     人々を取り巻く環境は時々刻々と変化する。その為、人が生きていくためにはその環境と状況に応じた行動をとる必要がある。さらに、単たる生命の保全だけでなく、欲求を満たして行動できるよう、行動を調節する必要もある。このように主体としての個人がその欲求を満たそうとして、環境の諸条件と調和するためにとる行動や態度の調整を「適応」と呼ぶ。そして、欲求充足を阻害する障壁や困難にぶつかった時、それに対処する方法を導き出す心的機能の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。
     人々を取り巻く環境は時々刻々と変化する。その為、人が生きていくためにはその環境と状況に応じた行動をとる必要がある。さらに、単たる生命の保全だけでなく、欲求を満たして行動できるよう、行動を調節する必要もある。このように主体としての個人がその欲求を満たそうとして、環境の諸条件と調和するためにとる行動や態度の調整を「適応」と呼ぶ。そして、欲求充足を阻害する障壁や困難にぶつかった時、それに対処する方法を導き出す心的機能の基本となる機制、あるいは適応への努力を「適応機制」という。「適応機制」は、自覚的・理性的であるか、妥当なものであるかという観点から、正常なものと異常なものとに分けられる。欲求阻止による緊張や不均衡状態においては、将来の破局が漠然と予期・予感されることがある。この状態が予期不安、あるいは不安状態と呼ばれるものである。人が不安状態に陥る時には、自我構造が崩壊の危機にさらされる。その為、「適応機制」は、破局や危機を防ぐという意味で「防衛機制」とも呼ばれる。主な「防衛機制」としては、以下の特徴的行動が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。