教育の制度経営第1回

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数125
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法政大学通信教育部、教育の制度経営 評価A+

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     設題(1)テキスト『学校経営』(小島弘道編著、2009年)の確証には、その末尾に「考えてみよう」というコラムがあります。これらを参考にしながら、日本における教育の経営と制度に関する問題や課題について、自分なりに自由にテーマをたて、テーマに即した資料や事実を探し、先行研究などを参照して、そのテーマを論じて下さい。なお、論述に際しては、冒頭の1行目に20字以内で具体的なテーマを記し、次の1行をブランクにして、本文を書き始めて下さい。
    Ⅰ はじめに
    最近教師が精神を病み休職したり、自殺をするケースが増えている。教師は人間と接する機会が多くストレスを抱えやすいと考えられる。しかし、それ以上に教師としての業務とは異なるものが多く存在していることも言える。例えば親が出来ないようなしつけを教師や学校が対応すること。また、最近では給食費の徴収を教師がやるなど教師の多忙化も挙げられる。今回は小野田正利氏の「悲鳴をあげる学校」からイチャモンをつける保護者と地域住民の問題点(第Ⅱ節)とどのように対応すべきか(第Ⅲ節)、そして地域の在り方(第Ⅳ節)を考える。最後に学校と地域がどのように今後協力していく必要が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。