家庭科指導法 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数381
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度レポート A評価レポートです。 あくまで参考程度の利用をお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在、私たちの周りには物やサービスが溢れている。大量消費社会である現代は好きな時に好きなものやサービスをお金と引き換えに得ることができる。24時間営業のスーパーやコンビニはもちろんのこと、家にいながらインターネットを経由してものの売買が行われており、とても便利な時代になった。このような商売方法などの環境の変化により、金銭の払い方も変化している。従来、売買といえば通貨と引き換えが当たり前であったが現代はその他にクレジットカード、電子マネー、仮想通貨など通貨の代わりになるものが溢れている。そのような変化の中で私たちは消費について再度考えなければならないし、子どもたちにしっかりと教育を施さなければならない状況下にある。昨今、子どもがゲームのアイテム欲しさに親の知らぬ間に仮想通貨を購入し、その金額が数十万に及んでしまったなどのニュースが報道されている。このような状況も売買の方法が変化し、通貨という物理的なものからクレジットカードや電子マネーなど目に見えない支払いが増えたことによるものだろう。物理的取引が無い売買はお金に対する価値への認識を低下させ、無限にあるものだと錯覚させやすくしている。この..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。