特別活動指導法 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数467
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度レポート B評価レポートです。 あくまで参考程度の利用をお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【初めに】
    特別活動は学級活動、児童会活動、クラブ活動、学級行事にて構成されている。今回はその中でも1章にて小学校の学級活動の目標、内容、指導計画についてまとめる。そして2章にて特別活動での評価についてまとめることとする。
    【(1)小学校特別活動の目標・内容・指導計画の配慮事項について】  小学校の学級活動における目標は次の通りである。「学級活動を通して、望ましい人間関係を形成し、集団の一員として学級や学校におけるよりよい生活づくりに参画し、諸問題を解決しようとする自主的、実践的態度や健全な生活態度を育てる。」(※1) 学級活動は共に生活や学習に取り込む同年齢の学級を単位とした集団にて行われる活動であり、上記文言の通りこの集団活動を通して目指す目標はおおきく3つに分けられる。1つ目に「望ましい人間関係」である。楽しく、豊かな学級生活づくりの為に互いに尊重しよさを認め合えるような人間関係の構築を目指す。2つ目に「自主的・実践的な態度」である。目標を持ち、学級の一員としてよりよい生活を築く為に自己の責任や役割を果たし、学級を取り巻く諸問題についてみんなで協力して解決したりする態度の育成を目..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。