家庭科指導法 第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数400
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度レポート A評価レポートです。 あくまで参考程度の利用をお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近年、社会情勢や私たちを取り巻く環境は大きく変化している。急速に進む国際化、少子高齢化、女性の社会進出、情報技術の発達などは私たちの暮らしを変化させている。その中でも特に家庭生活の変化は子どもたちに大きな影響を与えるものの一つである。家族の核家族化が進み、両親が共働きする世帯が増えている中で家庭教育力の低下が杞憂されている。また、昔に比べ近所付き合いの希薄化、電子機器の高度化によって伝統的な生活習慣の継承がされにくいのが現代である。IH機器の普及により家庭で火を直接見ない児童がいるとも聞いたことがある。このような子どもを取り巻く環境の変化を見ても、総合的であり、実践的、創造的、そして専門教育的な性格のある家庭科教育の必要性は疑う余地が無いだろう。家庭科教育の重要性を確認した上で、本文では家庭科の目標の中でも「家庭生活を大切にする心情」について考察し、どのような指導方法が効果的かについて論述していくこととする。  家庭生活とはなんだろうか。テキストでは「人、もの、時間、金銭などが関連しあって、家族との関連や生活行為があること」(Ⅰ)と紹介されている。このように文章にするとわかりにくいもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。