体育科指導法 第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数430
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度、C評価レポートです。

    あくまで参考程度の利用をお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートでは近年のこどもを取り巻く環境や体力テストの結果を踏まえ、運動遊びと運動能力の発達関係について考察を行う。 ここ数年で子どもを取り巻く環境は大きく変化している。テレビやインターネットの普及、少子化、都市開発など現代社会の環境はめまぐるしく変化しており、便利になった面もあるが逆にこのような変化により、マイナス的な要因も生じており、子どもの発育に対し影響を与えていることは忘れてはならない。特に子どもの遊びに対する影響はほんの十数年前と比較しても大きく異なっている。かつてかくれんぼや鬼ごっこを毎日のように外で楽しんでいた子どもたちの風景は現代の特に都市部ではあまり見かけなくなっている。テレビやマンガ、電子ゲームの普及や遊び場の減少により遊び場所は室外から室内に変わり、少子化の影響もあってか大人数ではなく1人で遊ぶ子どもが多くなっている。このような環境の変化は子どもに大きな影響を与えている。年代の異なる子どもと関わることで手加減や我慢を学び、自分で新しい遊びを創造する知的機能を発達させ、友達関係から協調性や社会性を学ぶ機会が現代の環境変化により失われているのである。   このような影..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。