(教科)体育 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数254
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度レポート B評価レポートです。

    あくまで参考程度の利用をお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもの発育・発達段階に則した運動内容について、まず形態的発育と機能的発達の特徴を捉え、各発達段階に対して効果的な体育授業について考察をする。  形態的発育とは身長・体重・胸囲などの目に見える部分での成長のことを指す。これらは発育の基礎的なものであり、常に昨日の発達を伴っていることが明らかになっている点からも、私たちは正しく理解をしておかねばならない。特に先ほど挙げた身長・体重・胸囲は発育の指標として重要なものである。身長は人種や社会的などの比較について重要な基準となり、生理的発育年数の指標として用いられ、骨格の発育を表すことからも各指標に多く用いられる。体重は全身の重量として、骨格・筋肉・水分などのあらゆる成長の量を表し、特に発育状態、栄養状態など健康の評価に用いられる。胸囲は運動による影響が最も表れやすいため、運動能力との関係に書くことのできない指標となる。この3つの形態的計測値は以上のような点より、重要な指標とはなる。しかしながら、時期や値に個人差がひどく現れる可能性がある為、正しい意味での発育のパターンを表しているとは言い難い。このような計測値は量的なものを示しているが質的な発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。