人間の発達と学習 第二分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数366
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度レポート B評価レポートです。

    あくまで参考程度の利用をお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1:仲間と共に学ぶメリット/デメリット
    学校では同学年の仲間と学ぶ機会が数多く見られる。夏休みにグループに分かれ自由研究をしたり、私の小学校では「小先生」という制度があり、生徒が生徒に勉強を教えるような活動もあった。このように学校では仲間と学ぶ機会が多く存在するが、そこには実に有効的である面と仲間と学ぶからこそ起きてしまうマイナス面が存在する。そのメリット・デメリットをまず踏まえ、私が経験した例をあげていく。  まずメリットであるが、なんといってもより大きな学習の効果が期待できる点である。1人では解くことの出来ない課題でも、仲間と学ぶことで様々な観点から問題に対してアプローチを行い、課題に取り組むことができる。より高い難易度の課題を達成することに繋がるであろう。また、対人関係や集団行動のルールなどを理解することも期待される。グループでの活動を通じて、様々な問題や衝突を経験し、社会的ルールや他人の感情といったものを理解するのである。その他にも、やる気を引き起こす要因や仲間という絆を強く持つことで、不登校などの教育的問題の解決にも繋がることが期待されている。  上記メリットに対し、デメリッ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。