新生児のバイタルサインと環境・生理的体重減少

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,045
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    新生児室の環境について
    新生児のバイタルサインの測定方法、注意点、アセスメント
    生理的体重変化の説明と機序

    以上をわかりやすくまとめました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新生児室の環境
     帝王切開で出産した新生児や母子同室ができない場合、新生児を預かり管理する
    新生児室は清潔保護区域であるため、入室には手洗い、ガウンテクニックを実施する
    環境
    新生児は体温調節機能が未熟であるため、至適温度・湿度に保つ
    室温:24~26℃   湿度:50~60%
    照明
    新生児の黄疸やチアノーゼが、十分観察できるようにする
    500ルクス程度(一般病室 50~100ルクス)
    感染予防の必要性
    ・免疫機能が不十分なため感染症に侵されやすく、急速に重症化しやすい
    ・感染の症状が出現しにくい、顕著な検査所見が得られにくい
     ・新生児室で感染が広がる可能性がある
    感染防御力について
    ・IgGは胎盤を通過、母体に抗体があれば新生児は受動免疫で生後6~12ヶ月は麻疹・風疹・ジフテリアなどの感染を防止できる
    ・生後2ヶ月頃までは免疫グロブリンは産生できない
    コットとコットの間隔
    コット間の距離は約90cmを確保することが望ましい
    清掃方法
    新生児室は、繊維性の塵埃が多い。ほうき・電気掃除機の使用は禁止、洗浄や清拭によって行う。床はモップに逆性石鹸液などの消毒液をつけて清拭するが、最近は清..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。