NST

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数495
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護母性実習

    代表キーワード

    NST

    資料紹介

    ノンストレステストの方法と注意すべき点。またNSTを行うために必要なレオポルド触診法についても記載しています

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レオポルド(Leopold)触診法
    目的:手で触診することによって児の体位・胎向、大きさなどを把握できる。腹部の軟らかさ、刺激により子宮収縮が起こりやすいか否か、羊水の量が推測できる。
       手技は4段階ある
    注意事項:排尿を済ませていること
         リラックスして腹部に力が入っていないこと
         膝を曲げた状態で行うこと
         手技は暖かい手で行うこと
         不必要な露出を避けるためにバスタオルなどをかけること
         
    第1段
      ①子宮底を優しく包み込むように両手を腹部に置く。
    ②子宮底の高さ、形、胎児部分の種類を触診する。
        ※週数が早い場合は頭と殿部の区別がつきにくい
    第2段
    ①子宮底に当てた両手を子宮壁に沿って下方に移動させる。
    ②掌全体で子宮体両側面を触診し、交互に子宮体を圧迫する子宮の形や大きさ子宮壁の厚さ、子宮の緊張度、胎向、胎動、羊水量を触診できる
    ※母体の左側に板状の児背がふれると第1胎向
                 右側に触れれば第2胎向
    第3段
      ①片手を恥骨結合上に移動する。もう片方の手は子宮に添える。
    ②母指とほかの4指で恥骨結合上に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。