在宅看護 テスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数207
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    医学書院の教科書をもとにまとめています

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    在宅看護
    在宅看護の対象→自宅やそれに準じた環境で療養
    在宅患者の目的→保健・医療・福祉の面で本人および家族に対し看護を提供
    在宅看護の必要性→疾病の構造の変化・医療の進歩・在院日数の減少
      
    高齢化社会→老年人口比率7%
    高齢社会→老年人口比率14%
    超高齢化社会→老年人口比率21%
    超高齢社会→老年人口比率28%
    平成22年老年人口比率23.1%
     
    老人訪問看護制度→寝たきり高齢者に対して主治医の指示書に基づく看護
    訪問看護制度→疾病・負傷などにより在宅で継続して療養への看護
    介護保険法→2000年施行、居宅サービス。対象は要支援・要介護者
    訪問看護で多い疾患・脳血管疾患・循環器疾患・神経系疾患
    在宅患者の対処は8割が認知症
    1回の訪問は30~90分
    居宅サービス→訪問サービス・ショートステイ・通所サービス
    施設サービス→介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・介護老人保健施設
    介護療養型医療施設(療養病床)
     
    後期高齢者医療制度→2008年施行。75歳以上対象で介護保険優先
              1割負担、現役並み所得者は3割
    後見人制度→任意後見人:判断力が悪化する前に自分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。