膠原病 テスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数125
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    膠原病・アレルギー・感染症
    免疫グロブリンとその特徴
    ②IgG → 胎盤を通過する、血中濃度が一番高い
    ①IgM → 抗原侵入時に最初に産生、分子が一番大きい
    ⑤IgA →母乳に含まれる、消化管免疫
        ④IgE →寄生虫が侵入時に産生、好酸球レセプター 
        ③IgD → まだよくわかってない
    一次リンパ組織 → 骨髄・胸腺 … T細胞の成熟
    二次リンパ組織 → 脾臓・リンパ節・扁桃 …B細胞の分化
    T細胞について
      細胞表面にCD3抗原を有する(B細胞にもある)
      ウィルス感染細胞を侵害する
      抗体産生を補助する
    B細胞について
      抗原提示能を有する
      抗体産生能を有する
      表面免疫グロブリンを発現する
    液性免疫 → 形質細胞が中心となって抗体を産生して働く免疫 
          形質細胞が血中に抗体を放出
    細胞性免疫 → T細胞⇒B細胞⇒形質細胞に変化 抗体は作らない
    ※形質細胞=活性化したB細胞
    アレルギーについて
    Ⅰ型 → 液性免疫 血清IgE抗体 アレルギー性鼻炎 アネフィラキシー
     Ⅱ型 → 液性免疫 血清補体 自己免疫性溶血性貧血 
     Ⅲ型 → 液性免..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。