脳外科 テスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数241
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    脳神経外科
    *交感神経刺激→動向散大・HR増加・末梢血管収縮
    *脳幹→中脳・橋・延髄
    *大動脈から分岐する血管→左総頸動脈
    *後頭葉の機能局在→視覚
    *大脳辺縁系の機能局在→情動
    *最も危険な呼吸→失調性呼吸
    *着衣失行→服を後前に着る
    *頭蓋内圧亢進症状→頭痛・嘔吐・うっ血乳頭
    *瞳孔所見 著しい縮瞳→橋出血
          アーガイル・ロバートソン瞳孔→神経梅毒
          右向きの共同偏視→右被殻出血
    *頭蓋内圧亢進症を起こす疾患→脳腫瘍・くも膜下出血・脳挫傷
    *眼瞼下垂をきたす疾患→重症筋無力症
    *頭蓋内圧亢進の治療→高浸透圧利尿剤・低体温・頭部挙上
    *脳腫瘍→朝方に強い頭痛
    *MRI→超急性期の脳梗塞の描出が可能(CTでは不可能)
    *脳梗塞の種類 TIA→24時間以内に症状改善
            心原性脳塞栓症→心房細動
            アテロー血栓性脳梗塞→症状が段階的に進行
    *発症直後のくも膜下出血→血圧コントロール・誤嚥に注意・項部硬直がない
    *高血圧性脳出血で手術適応となる→視床・被殻・小脳
    *アスピリン→少量投与で血小板昨日抑制し血栓形成を防ぐ
    *急性硬膜外血腫→意識清明..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。