パーキンソン病の鍼灸治療

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数285
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【患者】No.13746、男性、70歳、
    【主訴】①頸肩の凝り。
    【愁訴】②右手の振戦。 
    【現病歴】一年ほど前に、パーキンソン病と診断される。二年ほど前に、頚肩部に違和感を覚えたため、整形外科にてx-p検査を行ったところ、神経根の圧迫と診断される。
    【既往歴】・【家族歴】特記事項なし。
    【現症】二便、小便7/日・大便1/日。飲食、3/日。睡眠、平均8h/日。マドパーを服用中。
    【主観的所見】①頚肩の痛み(凝り様)。ADL(+)寝むれていない日も稀のあり、覚醒時は特に左右側屈が痛む。急な朝の起き上がり(仰臥位からの頸部屈曲動作)のスターティングペインは未だ取れていない。②右上腕から手指にかけての振戦。また、最近になって振戦が増してきている様な感覚がある。左右の肩こりは変わらず常にある。
    【客観的所見】1.東洋医学的所見(私個人の主観によるものである)…1脈診:浮沈:やや沈。遅数:やや遅。大小:やや小。虚実:やや虚。又この時、右の関上の脈が虚しているように感じた。2舌診:舌質:淡白。腫大:(-)。歯痕:無し。血瘀:無し。舌苔:白黄苔
    2.現代医学的所見(私個人の主観によるもの)…意識清明..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。