インターネット工学-----2

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数223
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 自分のHPを作成することを想定し、できるだけ様々な仕掛けCGI、SSL等を取り入れたページの設計案を作成せよ。
     利用する仕掛けについてはその技術的な内容を説明し、完成したホームページでどのような効果が期待されるか述べよ。ソースコードもあるとよい。
    2000字以上
    転載等は禁止、参考にとどめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①利用する技術の仕組みおよびその技術の利用により得られる効果の解説
    フレームによるページレイアウト
     フレームレイアウトを利用することで画面を分割して表示することができる。よく見る例としては、左側がメニューで右側がメインのページの場合や、上下で分割されたページもある。フレームレイアウトされたページは 常にメニューが表示されているので利用者にやさしいと言える。
    フレームによるページ構成について
     フレームは複数のページで構成されるので、1ページを表示するには最低3枚のページが必要になる。例えば、フレームを使ってページを横に2分割したとすると、上と下の領域を担当するページ2枚の他に、この2ページを関連づける設定用のページ(上下を2分割させ、どのファイルを読み込むかと言った内容)の合計3ページが必要となる。
    フレーム上下2分割した場合のページ構成例
    ファイル名の例
    役割
    main.html
    2分割の情報と、top.htmlとbottom.htmlの関連づけ
    top.html
    2分割された画面の上の領域を担当
    bottom.html
    2分割された画面の下の領域を担当
    次にメリット・デメリットを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。