インターネット工学-----1

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数186
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 自分のパソコンから送信したメールが、インターネットを経由して、相手のパソコンに届くまでの仕組みを具体的に説明せよ。
    メールサーバの役割や、TCP/IPの通信方式などにも触れながら、図や表も利用してわかりやすく説明すること。
    2000字以上
    転載等は禁止、参考にとどめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私達が使用しているメールの仕組みについて考える。まず、メール(e-mail)とはインターネット上で電子メールの送受信を行うためのアプリケーションである。インターネットではデータ・メールをやり取りするために、TCP/IPというものが使用されている。これは、「TCP」と「IP」の組み合わせで、TCPは Transmission Control Protocol の略で、伝道制御プロトコルという意であり、一方、IPは Internet Protocol の略で、ネットワーク間プロトコルという意味だ。双方にP、Protocolという文字がある、プロコトルはデータをやり取りするための約束事であり、「ネットワーク上のコンピュータ間でやり取りするための手順やしくみを定めた規約」のことだ。さまざまな種類のコンピュータが混在するネットワーク上でやり取りするためには、共通の約束事・プロコトルにならってデータを送受信しなければならないのである。インターネットに接続されているコンピュータには有名どころではWindowsやMacなど様々な種類があるが、自由にデータ通信を行えるのは、それらのコンピュータがすべて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。